現地info営業終了のお知らせ

お客様各位

平素より現地infoをご利用いただき、厚く御礼申し上げます。
このたびJTA CO., LTDは、当社が運営する旅行商品販売サイト『現地info』(http://www.genchi.info/)を、2016年11月30日(水)をもちまして、当社グループ会社であるパンダトラベル株式会社の運営する『パンダバス・オンライン』(http://www.pandabus.com/)と営業統合させて頂くこととなりました。
以後、当サイトにはアクセスできなくなりますのでご理解の程、何卒お願い申し上げます。

長らくご愛顧頂きましたことに深く感謝を申し上げますとともに、ご不便をお掛け致しますことをお詫び申し上げます。

この度の営業統合に伴い、詳細を以下の通りご案内申し上げます。

<個人情報の取扱について>
当サイトをご利用の際にご登録頂いた個人情報は、当社のプライバシーポリシーに基づき、第三者への開示・譲渡・貸与などは一切行わず、『パンダバス・オンライン』には引継ぎいたしません。

<現地infoポイントについて>
当サイトの終了とともに、現在会員の皆さまが所有されております現地infoポイントも失効いたしますが、引き続き『パンダバス・オンライン』を会員としてご利用いただけます際は、10現地infoポイント=1パンダコイン(≒ どちらも10円相当)として引き継がせていただきます。
ご希望の際は、氏名・ご希望の連絡先メールアドレスをgenchi@genchi.infoまでご連絡下さい。

<ご注文受付について>
現地infoでのご注文受付は2016年11月30日23:59までとさせていただきます。
これ以前にお支払いを完了されているご予約、お申込みに関しましては、ツアーの催行・商品の到着まで責任を持って対応させていただきますのでご安心くださいませ。

<おとりよせ商品について>
パンダバス・オンラインに引き継がれない商品として、現サイトにある「おとりよせ」商品は営業終了後、本サイト「現地infoブログ」(http://www.genchi.info/blog/home/)にてメール注文を承ります。
注文の仕組みに関しましてはできる限り早く整え、「現地infoブログ」内の「おとりよせ」にてご案内させていただく予定ですが、急を要されるお客様に関しましては個別に注文を承りますので、お手数ですがご希望内容をgenchi@genchi.infoまでご送付ください。

<本件についてのお問い合わせ先>
現地info予約管理センター
担当:山本絵里子
メール : genchi@genchi.info


0 votes, 0.00 avg. rating (0% score)

ハノイ発 首都ハノイ解放記念日

こんにちは。現地infoハノイのあべです。

さて、戦争が長かったこのベトナムですが、今では追悼の意味を込めて、たくさんの記念日があります。

新暦の10月10日は、「首都ハノイ解放記念日」です。

ハノイ市がフランスから解放した事を、記念する日です。これは、ハノイ市内だけの記念日であり、もちろんホーチミンの「南部解放記念日」もあります。こちらは、北ベトナム軍がサイゴンを解放した日であり、ベトナム戦争が終結した日であります。

さて、この「首都ハノイ解放記念日」ですが、実は2014年は、60周年という節目の年でした。

そのため、2014年10月10日には、市内の30か所で、打ち上げ花火が上がりました。

この日は大々的にイベントが行われ、生放送の音楽イベントや、写真展、セミナー、ファッションショーなども行われました。

ハノイでは花火はテトの時にしか上がらないので、珍しいものなのですが、この年は2回も見れました!

 

以上、現地infoハノイのあべでした。

 


9 votes, 4.89 avg. rating (96% score)

ハノイ発 クリスマス・イルミネーション特集!

こんにちは。現地infoハノイのあべです。

さて、もうすぐクリスマスですね。日本ではそろそろいろんなところでイルミネーションが出てきているのでしょうか?

うらやましいです。。。クリスマスまでのあのワクワク感は、このハノイではあまりありません。。。

ベトナムでは、年末年始はお休みにはなりません。通常の日です。というのも、旧暦のテト休暇がお正月になるので、その時までお休み気分は基本的にはありません。

ただ、若い人たちが多い国だけあって、クリスマスやお正月も若者たちの中では、多少盛り上がって来ているみたいです。

さて、そんなハノイでも、多少はクリスマス気分を感じれる場所があります。

そんな所を今回はご紹介していきます。

まずは、イルミネーションを見るなら5つ星ホテルが最高です。

毎年、各ホテルで、かわいいツリーやイルミネーションが見られます。

「Hotel Sofitel Legend Metropole Hanoi」。

中庭に飾り付けられるイルミネーションを見に、地元の人たちも写真を取りに集まってます!

去年はこんな感じでした。

「Hotel Nikko Hanoi」 大きなツリーが見応えありです!いつもツリー全体の写真が入りきらないので、吹き抜けになっている2階から見ると、最高です。

こちらの写真は去年のものです。今年も楽しみです。

また、ホアンキエム湖近くの、ハノイ大教会も、毎年素敵にライトアップされているんです。

教会の中も開放され、イルミネーションを楽しむことができます。

また、ハノイ市内では、大型ショッピングモールで、イルミネーションが見れます。

こちらは、Vincom Centerです。毎年大がかりなものを作っています。

さてさて、クリスマスを祝う文化があまりない国ですが、毎年それなりに盛り上がってきています。

今年のクリスマスも楽しみです!

 


21 votes, 4.29 avg. rating (85% score)

ハノイ発 ベトナムの地理について。

こんにちは。現地infoハノイのあべです。

久しぶりのブログアップとなってしまい、すみません。。

さて、今日はベトナムの地理について。

ベトナムは南北に長い国です。よく言われるのが、Sの字をしているといわれます。

南北の距離は約2,300KMです。首都ハノイから、南部ホーチミンまでは約1,700KMです。日本列島も南北に、約2,600KMなので、日本とあまりかわらない長さですね。。

 

こんなにも南北に長い国だと、気候も大きく変わってきます。ハノイでは、四季があり、夏で40℃以上、冬になると5℃まで下がる日もあります。中国との国境近くの山では、まれに雪が降ることもありますよ。

しかし、ベトナムを代表する大都市ホーチミンでは、雨季と乾季に分かれていて、平均気温は30℃ぐらいです。常に暑い都市ですが、湿度が低いので、日陰に入ればしのげる暑さです。

ハノイの夏は、とにかく暑い!!実は夏はホーチミンより暑くなることも多く、40℃超えはよくあります。湿度も高い為、とにかく体力が奪われます。

 

また、ハノイは山に囲まれています。ベトナム国内で、一番高い山は、「ファンシーパン」標高3,143Mです。

このファンシーパンは、観光地として有名なサパの街から、約9KMのところに位置しています。

サパには、多くの少数民族が暮らしていますが、ファンシーパンの標高2,000mあたりにもモン族たちが暮らしているそうです。ファンシーパンに来る登山者たちのお手伝いをしているとか。。

この辺りは一年中涼しく、その中でサパはフランス統治時代からフランス人たちの避暑地となっていました。そのため、サパは観光地として栄えており、有名ホテルや素敵なレストランが立ち並ぶ街となっています。

そして、サパといえば棚田です。山に囲まれたこの地域で、少数民族たちが作り出した棚田は、圧巻です。

少数民族の子供たちが、険しい山道を、いとも簡単に歩いている様子が見られます。毎日向かいの山にある学校まで歩くとか。。たくましいですね。

また、南部には、砂丘があります。「ファンティエット」です。以前、ブログでも紹介させて頂いたので、ぜひこちらもごらんください。↓↓↓

ブログ 「ファンティエット発 砂丘を見に行く。」

 

南北に長いベトナムでは、北と南にたくさんの違いがあります。食べ物や、言葉、文化など。

ぜひ、ベトナム国内の文化の違いを比べに、来てください!!

ハノイと言えば外せない「日帰りハロン湾クルーズ」はパンダバスでご予約が便利です。


38 votes, 3.95 avg. rating (79% score)

ハノイ発 おすすめホテル ~SOFITEL LEGEND METROPOLE HANOI~

こんにちは。

現地インフォハノイのあべです。

さて、日本は夏休み!海外旅行に行かれる方も多いかと思います。その中でも、ホテル選びは悩むところですよね。

ホテルを豪華にして、ホテルのスパなんかでゆったり過ごしたい!という方や、滞在中、一日中外出して、観光を満喫する方は、ホテルは寝るだけなので、格安で。。という方など、いろいろ悩むところです。

そこで、今回ハノイでおすすめしたいホテルは

SOFITEL LEGEND METROPOLE HANOI(ソフィテルレジェンドメトロポールハノイ)」です!

このホテルは、どちらかというと、ゆったりホテルで過ごしたい方向けのホテルです。

このホテル、なんと創業は1901年!長い歴史があるんです。ベトナム戦争をも乗り越えたこのホテルは、ハノイ市内で一番といっていいほどの由緒あるホテルで、ハノイ市内の中心地、ホアンキエム湖近くに位置しており、まさにハノイを象徴するホテルなんです。その証拠に、旧館の地下には、いまでもベトナム戦争時に使われた、防空壕が残っています。その防空壕を見学に行ける、館内ツアーも開催されています。興味のある方は、ぜひホテルスタッフに訪ねてみてください!

***********

いまでは、旧館、新館と建物が分かれており、その真ん中にある庭では、プールやカフェ、ブランド店が入っています。

お泊りのお客様でなくても、ちょっと優雅なひと時が過ごせるようになっています。

中庭はこんな感じです。

ベトナムとは思えない、この静けさ。。とても素敵な雰囲気です。実は毎年クリスマスシーズンとなると、この中庭、きれいにライトアップされるんですよ。その頃に撮った写真がこちら。毎年、すこしづつ変わっていますが、ハノイ市内では一番素敵にライトアップされているところだと思います。

それでは、気になる客室内を見ていきましょう。

ちょっと高いベットですが、ふかふかのベット。内装はベトナムクラシカルの落ち着いた雰囲気でまとめられており、心休まるお部屋です。写真は旧館のお部屋です。

こちらは、新館のお部屋。旧館とはまた一味違うクラシックな雰囲気です。

こちらは、スイートルーム。お部屋も広くなりますが、バスルームも広くて素敵です。フランス映画に出てくるようなバスタブ。。一度は使ってみたいです。

アメニティーにも、こだわりがあります。現在使われているブランドは、「LANVIN(ランバン)」。フランス発の老舗ブランドです。ファッションブランドとして、香水なども販売されている有名ブランドですね!

しかも、スイートルームのアメニティーは、「エルメス」です。なんともラグジュアリーなバスタイムになりそうですよね!

こんな素敵なホテルでゆったり過ごしてみるのもいいですよね!いいホテルに泊まると、それだけでよい旅の思い出になることと思います!ハノイへご旅行予定の方はぜひ!

現地infoから、SOFITEL LEGEND METROPOLE HANOIのご予約を承っております。

ぜひこちらから!

☆おすすめホテル・SOFITEL LEGEND METROPOLE HANOIを予約☆

 

ついに、パンダバスベトナムがオープンしました!ぜひこちらもチェックしてください!!

 


86 votes, 3.69 avg. rating (73% score)

ハノイ発 おすすめレストラン ~NamPhuong~

こんにちは。現地infoハノイのあべです。

本日は、ハノイ市内の超デラックスのベトナム料理レストランをご紹介します。

「NamPhuong(ナムフーン)」です!

このレストラン、ハノイ市内でもオペラハウスの周辺のおしゃれな地区に位置しております。

外観は、テラス席もあり、シックな一軒家を改装して作られた2階だてのレストランです。

店内は、落ち着いた雰囲気です。

不定期ですが、ディナータイムには、古典音楽の生演奏もあります。

音楽を聴きながらのお食事は、また格別ですよ。

そして、このレストランのなにがデラックスかというと、各国の要人たちが頻繁に来店されるお店なんです。

店内には、こんな写真が飾られていますよ。

そんな中に、日本の総理大臣も来店されてます。

そんな、各国の要人をおもてなししてきたナムフーンレストランですが、

もちろんお食事も、高級メニューばかりです。新鮮な食材を使っているので、満足できる一品ばかり!盛り付けにもこだわった繊細な料理が多いのもいいですよね。

ベトナム料理といわれると、フォーや生春巻きが日本では有名だと思いますが、ベトナムではそれらは屋台で食べるもの!そのため、ベトナム料理と言われると、基本的には魚の煮物や野菜炒めと一緒に白ご飯を食べるというのが一般的で、日本人からすると、あまりぱっとしないところもあるかと思います。隣国中国の影響も強く、中華料理のようなイメージを持たれる方も多いかもしれません。

ただ、このナムフーンのベトナム料理は、ベトナム料理の伝統を守りながらも、新鮮な魚介類をふんだんに使った、まさにデラックスなベトナム料理なんです。

ではさっそく、メニューをご紹介していきます!

まずは、「ナムフーン特製揚げ春巻き」。ベトナムの定番料理にもなっていますが、ここナムフーンでは、この籠にのせて出てきます。この籠、ハノイ市内でよく見られる、天秤をモチーフにしており、よくおばちゃんたちが天秤に、野菜や果物をのせて一日中売り歩いています。

揚げたてで、具はジューシーな豚ひき肉と、たっぷりの野菜がはいってます。

こちらは、「ファンティエット産干しイカとえびのポメロサラダ」。

ベトナム中南部に位置している、漁港の街ファンティエットでとれるイカをふんだんに使ったサラダです。実はこのサラダ、中にはグレープフルーツがたっぷり入っているんです。それが、揚げた干しイカと一緒に食べると、美味!個人的には大好きな一品です。

こちらは、「ソフトシェルクラブ」。

脱皮したばかりのカニをまる揚げしてます。脱皮したばかりなので、殻が柔らかく、そのままばりばり食べられます。しっかり蟹の味がして、東南アジア諸国では、有名な料理ですね!

こちらは、「黒ハタの醤油蒸し」。

見た目は、ザ・アジアという感じですが、食べると身はふっくらして、臭みはありません。白ご飯にのせて食べると、おいしいですよ。まるまる一匹食べれば、大満足です!

ちなみに、写真は2名さま用のお食事です。

いかかですか?高級ベトナム料理!フォーや生春巻きだけではない、本格的なベトナム料理をぜひ召し上がってみてください!

現地infoでも、NamPhuongのご予約が可能です。

詳しくは、下記をご覧ください!

☆おすすめレストラン・NamPhuong☆

 

 

—————

Nam Phuong

add:19 Phan Chu Trinh, Hoan Kiem, Hanoi

Tel: +84-4-3824-0926

 


94 votes, 3.87 avg. rating (77% score)

ベトナム発 中元節

こんにちは。現地infoハノイのあべです。

来月8月28日は、ベトナムの「中元節」です。

ベトナム語でいうと「Le Vu Lan 」ですかね。

日本で言う、「お盆」のようなもので、先祖の霊を供養したり、親や家族を思いお寺にお参りに行く日です。

ベトナム人の家にはほとんど置いてある、仏壇に、果物やお菓子、おもちゃのお金などが山のようにお供えされます。

実は、基本的に先祖を大事にする習慣があるベトナムでは、いつも仏壇にはたくさんのお供えものがあります。赤や金で飾られた派手な仏壇です。

一般的にこの日は、ベトナム人はお寺にお参りに行き、親や家族の為にお祈りをします。ただそれだけ。。

ちなみに、オフィススタッフにこの日はどうするのか聞いてみた所、家族で近くのお寺にきちんと行くそうです。

「知らなかった!ベトナム人にとって大事な日なんですね~。」と聞くと、「あまり大事な日ではない。ベトナム人にとって大事な日はテトだけね。」とあっさりした回答でした。。

 

とにかく、、ベトナム人はおよそ90%が仏教徒と言われている為、この日はお寺が込み合うことでしょう。

たとえば、ハノイではタイ湖の中に浮かぶ「鎮国寺」というお寺があります。

ここは、日頃から観光客も多い所ですが、テトの時になるとびっくりするぐらいの参拝客で込み合います。

8/28もそうなりますかね。。

 

******************************

ハノイで一番美しいと言われるタイ湖に浮かぶ、「鎮国寺」。

もともは、6世紀にホン川のほとりに建てられていた「開国寺」が、現在のタイ湖に移築されたお寺。

多くの参拝客が来るお寺としても有名です。

また、美しいタイ湖には、憩いの場として、多くの人たちが集まります。そこにあるアイス屋さんはいつも行列です。。また、日が沈むと、カップルたちが多く集まります。

また、このタイ湖の周辺には、デラックスホテルがたくさんあります。

タイ湖を一望できる、「ソフィテルプラザハノイ」や「シェラトンハノイ」、「インターコンチネンタル」など。

その中でも、ソフィテルプラザからのタイ湖の眺めは、素敵ですよ!

エレベーター内から撮った一枚です。。写真中央の右側の小島が、鎮国寺になりますよ。

ホテルが出しているこの一枚も素敵です!夜のタイ湖!!

ちなみに全室レイクビューではないので、リクエストが必要となりますので、あしからず。。

ぜひ、ソフィテルプラザに泊まってみたい方は、こちらからどうぞ!

→★ソフィテルプラザハノイ 宿泊 お申込みページ

 

また、現地infoでは、ハノイ市内1日ツアーで鎮国寺へご案内できます。

→★貸切で行く!ハノイ市内1日ツアー

 

 

 


98 votes, 3.84 avg. rating (76% score)

ハノイ発 暑い日にはかき氷!

こんにちは。現地infoハノイのあべです。

毎日暑い日が続いています。

<本日の天気>

最高気温34℃

最低気温26℃

湿度70%

降水確率30%

 

こんな暑い日には冷たい「かき氷」が食べたくなりますよね!

フルーツがいっぱい入っているこんなかき氷はどうですか??

スイカとマンゴーたっぷり、小豆とソフトクリームものって、ボリューム満点です。

スモールサイズで、約300円ぐらいです。

 

**************

SNOW ISLAND COFFEE

住所:Big-C Thang Long – 222 Tran Duy Hung St, HaNoi City

04-3783-6604


99 votes, 3.69 avg. rating (73% score)

ホイアン発 おすすめツアー・ホイアン市内観光!

こんにちは。現地infoハノイのあべです。

本日は、ベトナム中部にあります、「ホイアンの市内観光ツアー」をご紹介します!

このホイアンの街は、1999年に世界遺産に登録された街でもあり、約180年前の街並みがいまでも残る、情緒あふれる場所なんです。レトロな街をぶらぶら歩いて、ショッピングも食事も楽しめるそんな素敵な場所なんです。現地ベトナム人の国内旅行先としても人気の場所ですが、現在では世界中のガイドブックに掲載され、満足度の高い観光地として有名な場所となってきています。

さて、ホイアンの街に入ると小さなかわいい家が立ち並んでいます。かわいいお土産や、お洒落なカフェなどがけっこうあるんです。

ホイアンの中にはバスは入れない為、ツアー中は徒歩での案内となります。

まずは、ホイアン市場へご案内。小さな市場の中には、この世界遺産の中に住む地元の人たちで活気があふれています。朝7時頃から9時頃まで新鮮な魚や野菜が並んでいます。

そして、ホイアンの街を流れるトゥボン川沿いを徒歩で見学。ベトナム特有のカラフルな小船が浮かんでいます。船に乗って川を渡る事もできますよ。

船上カフェなんかもあります。

そして、次はホイアンを代表する場所「来遠橋」、通称「日本橋」です。戦国時代から江戸時代のころ、貿易が盛んだったここホイアンには日本人が多く住んでおり、この橋を建てています。いまではベトナム紙幣のデザインになるなど、ベトナムを代表する歴史的建造物となっています。

屋根のついた橋で、中を歩くとこんな感じです。この橋は、当時日本人が多く住む日本人街と、華僑が多く住む地区をつなげた橋なんです。

橋の上には、神様を奉っていて、橋の両サイドには犬と猿の像が置かれています。

そして、来遠橋をわたって華僑が住む地区にはいると、「福建会館」があります。赤や黄色で鮮やかに彩られています。

同じく華僑地区にある「廣肇会館」。会館とは、当時住んでいた華僑の方たちの集会所のような所で、その中にお寺があったりします。中国式の建物をここで見る事ができます。

そして、「フンフンの家」。180年前からある古民家ですが、いまでもフンフンさんのご家族が住んでいます。でも、歴史ある古民家を開放し、観光客をおもてなししています。

貿易が盛んだったホイアンには、いまでも日本や中国の陶器が多く残っています。その様子を見れるのが「貿易陶磁博物館」です。

小さな街ですが、見所いっぱいのホイアンです。約3時間~4時間ぐらいで見て回れることもできますが、できればぶらぶら街歩きをして、カフェで休憩でもしながら1日かけて観光して頂くことがおすすめです!

そして、ホイアンは夜の散策も素敵なんです。ランタンに灯りがともり、ロマンチックな街歩きができますよ。

ホイアン市内観光をご希望の方は、ぜひ現地infoベトナムにお問い合わせくださいませ。

現地infoベトナムにてご案内致します!

 

こちらもチェック→ 現地infoのおすすめツアー!


107 votes, 4.11 avg. rating (82% score)

ベトナム発 戦争傷病者・烈士記念日

こんにちは。現地infoハノイのあべです。

さて、今月、7月27日は、ベトナムでは「戦争傷病者・烈士記念日」となります。

といっても、祝日ではありませんし、なにか大きな式典があるわけでもありません。

1947年にホーチミンさんによって定められた記念日で、国の為に戦闘に貢献した英雄烈士、傷病兵を敬う日となっています。この日には、戦死者を祭っている集合墓地へ行き、役人なども一緒に参列してお参りをする日です。この戦争傷病者・烈士記念日にちなんで、石像がホーチミン廟近くに建てられています。そこでもお参りする人がたくさん集まります。また、一部ではステージが建てられ、歌を歌って戦死者や傷病者を、みんなで敬います。

また、ベトナム戦争では、南北に戦っていたハノイとホーチミンですが、この日はベトナム全土の記念日となっている為、それぞれの都市で同じようにお参りをする人が集まります。

この記念日は、ベトナム戦争だけの戦争傷病者・烈士に対してではなく、いくつもの戦争で戦った傷病者・烈士に対するものなんです。

こちらの写真は、ホーチミン廟です。ホーチミンさんのご遺体が奉られています。観光客でも中を見る事は可能で、月・金曜日以外の午前中のみ、中に入ることができます。 今も国民に愛されているホーチミンさんですので、記念日にはたくさんのベトナム人たちがお参りにきます。

また、このホーチミン廟のすぐに近くにあるのが、ホーチミンさんの家です。ホーチミンさんが住んでいた家が再現され、国民の為に、贅沢はせずに質素な暮らしを送っていた様子が垣間見れます。

戦争の多かったベトナムでは、独立記念日や、様々な記念日などが多く設けられています。独立記念日などには花火が上がったりと盛大にしています。

でも、ほとんどが祝日にはなりません。

そうなんです。ベトナムは、日本と比べると断然お休みが少ない国なんです。

1年で、約10日程度。

その中で、一番長い祝日がテトですね。こちらは毎年日にちが変わりますが、ベトナム人にとってのお正月です。2015年は2月16日から2月23日までありました。

 

さて、話しがちょっとずれてしまいましたが。。

この度は、ベトナムの記念日について書かせてもらいました!

ではでは。

 

 

 


113 votes, 3.73 avg. rating (74% score)