現地info営業終了のお知らせ

お客様各位

平素より現地infoをご利用いただき、厚く御礼申し上げます。
このたびJTA CO., LTDは、当社が運営する旅行商品販売サイト『現地info』(http://www.genchi.info/)を、2016年11月30日(水)をもちまして、当社グループ会社であるパンダトラベル株式会社の運営する『パンダバス・オンライン』(http://www.pandabus.com/)と営業統合させて頂くこととなりました。
以後、当サイトにはアクセスできなくなりますのでご理解の程、何卒お願い申し上げます。

長らくご愛顧頂きましたことに深く感謝を申し上げますとともに、ご不便をお掛け致しますことをお詫び申し上げます。

この度の営業統合に伴い、詳細を以下の通りご案内申し上げます。

<個人情報の取扱について>
当サイトをご利用の際にご登録頂いた個人情報は、当社のプライバシーポリシーに基づき、第三者への開示・譲渡・貸与などは一切行わず、『パンダバス・オンライン』には引継ぎいたしません。

<現地infoポイントについて>
当サイトの終了とともに、現在会員の皆さまが所有されております現地infoポイントも失効いたしますが、引き続き『パンダバス・オンライン』を会員としてご利用いただけます際は、10現地infoポイント=1パンダコイン(≒ どちらも10円相当)として引き継がせていただきます。
ご希望の際は、氏名・ご希望の連絡先メールアドレスをgenchi@genchi.infoまでご連絡下さい。

<ご注文受付について>
現地infoでのご注文受付は2016年11月30日23:59までとさせていただきます。
これ以前にお支払いを完了されているご予約、お申込みに関しましては、ツアーの催行・商品の到着まで責任を持って対応させていただきますのでご安心くださいませ。

<おとりよせ商品について>
パンダバス・オンラインに引き継がれない商品として、現サイトにある「おとりよせ」商品は営業終了後、本サイト「現地infoブログ」(http://www.genchi.info/blog/home/)にてメール注文を承ります。
注文の仕組みに関しましてはできる限り早く整え、「現地infoブログ」内の「おとりよせ」にてご案内させていただく予定ですが、急を要されるお客様に関しましては個別に注文を承りますので、お手数ですがご希望内容をgenchi@genchi.infoまでご送付ください。

<本件についてのお問い合わせ先>
現地info予約管理センター
担当:山本絵里子
メール : genchi@genchi.info


0 votes, 0.00 avg. rating (0% score)

クアラルンプール発~明けましておめでとうございます~

セラマットタフンバル (明けましておめでとうございます)

 

明けましておめでとうございます。

本年度も現地infoを何卒宜しくお願い致します。

正月感一切なしのクアラルンプールから、ヨシダでございます。

 

 

 

マレーシアでの初めての年越しとなった昨晩、ヨシオカが書いたブログに触発されてミーハーチックにKLCC公園にカウントダウン花火なるものを見に行ってきました。

ただ、あまりの人、人、人で写真を撮るどころではなく、心のアルバムにしか撮れなかったのでイメージ写真をどうぞ。

news year eve様よりお借りしております

 

花火は10分間ぐらい?だったでしょうか?

かなり見応えがあって、周りの知らないマレーシア人の方ともハイタッチしながら「ハッピーニューイヤー!!!」と叫んで楽しかったのですが、如何せん帰り道が人、人、人の波に巻き込まれてしまい大変なことになりました。。

 

 

来年はyoutubeで紅白見ながら家でおとなしくしていよう。。。

 

 

話はちょこっと戻りますが、昨日はローカルスタッフたちの仕事納め。

日頃の労をねぎらってもらうために、一日早いですが、”おせち”のランチを皆で頂きました。

おせちを初めてみるローカルスタッフは大興奮。初めて食べるものもいくつかあったようで、皆で美味しく頂きました。

 

 

このおせちを作っていただいたのは最近なにかと話題な華屋さん。

ブキッビンタン中心地のあるグランドミレニアムホテルの中に入っている、本格的日本料理屋さんです。

本来はやっていない”おせち”を無理言って作って頂いた華屋さん、ありがとうございました。

パンダバスにて、お得なセットメニューも取り揃えております。海外で日本食が恋しくなったときに嬉しいですよね。

 

 

 


5 votes, 4.40 avg. rating (87% score)

クアラルンプール発~ラヤニ航空新規就航の巻~

スラマップタン!! (こんにちは)

クアラルンプールからヨシダでございます。

 

 

本日はマレーシア初のイスラム教準拠ラヤニ航空新規就航のニュースをお伝え致します。

KLIA2(クアラルンプール格安航空専用ターミナル) から リゾートで有名なランカウイ島をデイリーで1便、もしくは2便で結んでおります。

なんでこのニュースを取り上げたかと申しますと、こちらの航空会社は初めてイスラム教の教えを順守した航空会社だからです。

こちらのブログでイスラム教の教えを解説するのはあえて避けさせて頂きますが、乗務員もヒジャブ(スカーフ)着用、機内で出される料理もハラル料理(イスラムの教えに則った料理)だそうです。

 

 

 

はて、、、?

 

 

 

 

マレーシア発で有名な航空会社といえば、マレーシア航空、エアーアジアなどがあります。

でも、そういえばこちらの綺麗なフライトアテンダントのお姉様方はヒジャブ(スカーフ)を頭に巻いてないですよね?見たことがない。

 

さらに、外国人の観光客の方が行くような綺麗なお洒落な作りのマレー料理のレストランでも、マレー系の女性は頭にヒジャブを巻いていません。

 

 

 

はて、、、?

 

 

 

そこで、ちょこっと疑問に思ったウチのボスが店員さんに質問したところ、なんでも、サービス業に従事している間はヒジャブを頭に巻かなくて良い。という特例があるとのことです。

 

 

おもしろいですよね。

 

 

日本とは異なる他文化触れる、これぞ旅の醍醐味です。

 

 

多民族国家であるマレーシアにて、一日で様々な文化に触れることの出来るオプショナルツアー、パンダバスで取り扱ってますよ!!!

 

大人気の欲張りプラン!! クアラルンプール終日観光!!

白亜のイスラム建築が美しい、国立モスク。

近代建築の結晶、ペトロナスツインタワー。

ヒンドゥー教の聖地、バツー洞窟などなど。

一日で全て回ってしまいたい、欲張りさんにオススメなツアーとなっております!!!


3 votes, 5.00 avg. rating (95% score)

クアラルンプール発~マレーシアの住宅事情②~

スラマップタン!! 

タイからの使者、ヨシダと申します。

 

 

マレーシアに来て9ヶ月になりますが、マレー語は挨拶が難しくて未だに使いこなせません。

 

スラマッパギ!! (おはよう)  これは有名ですね。

スラマットゥンガハリ!! (こんにちは) もうね、完全に舌が回りません。カミまくり。

スラマップタン!! (こんにちは)  なんでこんにちはが2つあるのかって?14時から日没まではこれを使うみたいですよ?なんのこっちゃ。。

スラマッマラム!! (こんばんは) これは言いやすい。

 

タイではサワディーカップで全てイケたので、非常に楽だったんですけどね。。

 

 

 

 

マレーシア歴9ヶ月のヨシダ、日本からいらっしゃるお客様からよく聞かれる「マレーシアでどんなとこ住んでんの?」という質問に関して思いを綴ってみたいと思います。

 

 

マレーシアに来る前の私のイメージは、アジアの一国なので少々汚くて雑踏の中に住居があるような古いイメージ。(失礼!)

 

 

しかし、先進国入りを目指しているここマレーシア、住宅環境が非常に充実しております。

日本の方々には馴染みがないと思うのですが、こちらに住んでいる外国人はサービスアパートメント、もしくはコンドミニアムに住んでいます。

 

 

サービスアパートメントというのはホテルとアパートの中間の様なもので、お部屋にリネン交換のサービスが週に1度入ったり、朝食がラウンジで食べれたりするお金持ちが住むところです。大企業の駐在員さんなんかはこちらに住んでいる方が多いですね。はい。(羨ましい)

こちらは単身者用のサービスアパートメントです。ピカピカですね。これは高いです。

 

 

 

コンドミニアムというのは分譲マンションなのですが、お部屋のオーナーさんが短期/長期向けに貸出をしているアパートタイプのお部屋になります。アパートタイプといっても日本のマンションとは違い、ジム、プール付きのコンドミニアムが当たり前となっております。お値段も月5万円ぐらいからと日本より安く住めます。光熱費は別です。お部屋の家具もオーナーさんの好みが色濃く出てます。

私が住んでいるのはこちらのコンドミニアムタイプ。

こちらに住んでいる日本人に話すと誰もが驚く様な格安な家賃で住んでおりますCool (写真は私の部屋とは無関係ですよ)

 

 

 

先程も話したとおり、住宅環境が非常に充実しているマレーシア、リタイヤされた方の第2の人生を送る先としての”ロングステイ”の人気が非常に高いのです。

マレーシアは9年連続で「ロングステイ希望滞在国」世界第一位に選ばれているそうです。

※2015年度ロングステイ財団調べ

 

 

なぜ人気が高いのかというと、住居環境に恵まれている点はもちろんのこと、以下の理由が上げられます。

1)国民が親日的であり、また国民性も穏やかで治安も比較的良い
2)ビーチや高原、熱帯雨林など都市によって様々な生活スタイルがある
3)マレー系、中華系、インド系、その他の多民族国家により、1つの都市に滞在していても様々な文化や料理に触れ合える
4)多民族国家の為に、英語が広く使用されている。(タクシーのドライバーにも英語が通じる)
5)生活水準は日本と大差がないが、物価は日本の約3分の1程度

 

 

 

そこでパンダバスマレーシア支店ではロングステイを見据えたツアーを企画中です。

 

生活に必要な学校、スーパー、日本語が通じる病院、長期滞在用の物件などの視察を行程に含んでおり、日本人スタッフからのオリエンテーション・ガイダンスも予定しております。

 

ご興味のある方は以下のパンダバスマレーシア支店のHPからお問い合わせ下さいませ。

 

それでは、ジュンパラギッ!!

 


2 votes, 5.00 avg. rating (94% score)

クアラルンプール発!着るもの!

お久しぶりです、クアラルンプールからヨシオカです。

 

今日はマレーシアから着るものについてちょっとご紹介

 

マレーシアにも伝統衣装なるものがあります。

例えば、バジュクロン

女性の正装ですね、

Wikipediaから写真をお借りしています。

 

上下が分かれているんですが、丈が上下非常に長いです。

ただ結構風通しがいいらしく、暑いマレーシアでも大丈夫らしい

これにヒジャブを頭にかぶって(かぶらない人もいますが)ばっちりお出かけモードです!

 

こちら正装なので、パーティーやお祝いの時、仕事着としてマレー人の女性は着用しているのを見かけます。

 

このバジュクロン、柄がたくさんあってすごくお洒落。

マレーシアの特産バティックのデザインだったりと素敵。

形があまり選べないので柄で勝負なんです!

日本の着物みたいな感じでしょうかね?

 

 

ただ、ほとんどの人は、特に若い人たちは洋服を着ています

以前ブログでご紹介したイスラム教徒が多いマレーシアならではのデザインが豊富な日本ブランド「UNIQLO」

結構人気のようですよ~

いつも人がはいっています。

 

私が住んでいるクアラルンプールは都市なので、やはり洋服!そしてショッピングモールも洋服です。

 

多分誰もが感じるであろう違和感

年中真夏のマレーシアですが、海外のブランドショップは四季がある!

いま冬真っ盛りの北半球。

たとえばこちらに来ているブランド、ZARAやH&M,ユニクロなど、マレーシアなのに置いているものが冬仕様

ダウンジャケットとか。。

誰が購入するのでしょうか、と価格も安いとはあまり思えないし。

と疑問と不満がいっぱいになるシーズンなのです。

 

そんなマレーシアの服事情でございました

 

パンダバスのマレーシアの特産のバティック工房でバティック染体験ができるツアーもおすすめ!

 

 

それではっ!今週も頑張っていきましょう~!


2 votes, 4.50 avg. rating (87% score)