現地info営業終了のお知らせ

お客様各位

平素より現地infoをご利用いただき、厚く御礼申し上げます。
このたびJTA CO., LTDは、当社が運営する旅行商品販売サイト『現地info』(http://www.genchi.info/)を、2016年11月30日(水)をもちまして、当社グループ会社であるパンダトラベル株式会社の運営する『パンダバス・オンライン』(http://www.pandabus.com/)と営業統合させて頂くこととなりました。
以後、当サイトにはアクセスできなくなりますのでご理解の程、何卒お願い申し上げます。

長らくご愛顧頂きましたことに深く感謝を申し上げますとともに、ご不便をお掛け致しますことをお詫び申し上げます。

この度の営業統合に伴い、詳細を以下の通りご案内申し上げます。

<個人情報の取扱について>
当サイトをご利用の際にご登録頂いた個人情報は、当社のプライバシーポリシーに基づき、第三者への開示・譲渡・貸与などは一切行わず、『パンダバス・オンライン』には引継ぎいたしません。

<現地infoポイントについて>
当サイトの終了とともに、現在会員の皆さまが所有されております現地infoポイントも失効いたしますが、引き続き『パンダバス・オンライン』を会員としてご利用いただけます際は、10現地infoポイント=1パンダコイン(≒ どちらも10円相当)として引き継がせていただきます。
ご希望の際は、氏名・ご希望の連絡先メールアドレスをgenchi@genchi.infoまでご連絡下さい。

<ご注文受付について>
現地infoでのご注文受付は2016年11月30日23:59までとさせていただきます。
これ以前にお支払いを完了されているご予約、お申込みに関しましては、ツアーの催行・商品の到着まで責任を持って対応させていただきますのでご安心くださいませ。

<おとりよせ商品について>
パンダバス・オンラインに引き継がれない商品として、現サイトにある「おとりよせ」商品は営業終了後、本サイト「現地infoブログ」(http://www.genchi.info/blog/home/)にてメール注文を承ります。
注文の仕組みに関しましてはできる限り早く整え、「現地infoブログ」内の「おとりよせ」にてご案内させていただく予定ですが、急を要されるお客様に関しましては個別に注文を承りますので、お手数ですがご希望内容をgenchi@genchi.infoまでご送付ください。

<本件についてのお問い合わせ先>
現地info予約管理センター
担当:山本絵里子
メール : genchi@genchi.info


0 votes, 0.00 avg. rating (0% score)
IMG_2838

オーストラリアのビーチでの、それぞれの過ごし方

皆さん、おはこんばんにちは。

ユウスケです!

 

最近のシドニーは、雨が多く段々と気温も下がってきており、秋に差し掛かってまいりました。

もう以前の様に、短パン、半袖、ビーチサンダルで歩ける気温ではなくなってきましたね。

この楽な恰好が最高にいいのですが

 

少し前に、友人とシュノーケリングに行ってきましたが、海水が少し冷たくなっており、長時間海水に入るのは辛かったですが、海から上がって少し日向ぼっこしていると、体もだんだん暖かくなってきて、昼寝をしてしましました。

だんだん寒くなる前に、今回はオーストラリアの文化【ビーチ編】をお伝えしていきたいと思っております。

 

オーストラリアでは、ビーチ沿いの広場や岩場に、ブランケットを敷いて、みんなでご飯を食べたり、話していたり、一人で本を読んでいたり、寝てたりと色んな事をしている人が沢山います。日本ではあまり目にしない光景ですよね。

綺麗なビーチが沢山あって、更に市内からバスや電車ですぐ迎えるところにある事が、オーストラリアで生活している人達にとって、ビーチで時間を過ごす事が、生活一部として大きく関わってきているのだと感じております。BBQもそのビーチで行われる行事の一つです。オーストラリアでは、こんな公共スペースにみんなで共用のバーベキュースペースが、ビーチの近辺、公園の近辺に至る所に設置されております。最初使うときは、これ大丈夫なん?綺麗なん?って感じで凄い不安でしたが、使っていくうちに段々と慣れていき、今では何も気にせずに、アルミホイルを敷いて使っています。

シドニー支店も年始に新年会をシドニー内の公園のバーべーキュースペースで行いました。

 

バーべーキューを楽しみながら、Master of Ceremonyこと三橋さんが、新年会の司会をしっかりと勤め上げ、ビンゴゲーム、マジックショー、漫才、ダンスショーなどをみんなで楽しみ、大盛り上がりでした。

皆さんもぜひ、オーストラリアに来られた際は、ゆったりと自分の時間を過ごすもよし、BBQをみんなで囲ってわいわい楽しむもよしのオーストラリアでのビーチをお楽しみください。


4 votes, 5.00 avg. rating (96% score)

シドニー発 ”シドニーの交通事情”

どうも、みなさん、おはこんばんにちは!!!

自然界の大型動物以外では、最強の防御力を誇るラーテルに、興味津々なYUSUKEです。

このラーテル、ライオン6匹相手に喧嘩売りまくりです。ちなみに、「世界一怖い物知らずの動物」でギネスブックにも認定されてます。コブラなどの毒蛇を主食としており、かまれても数時間で回復という凄いやつです。

 

というか動物の能力って凄いですね、ベニクラゲは半端なくストレスを感じると、もうやーめたって感じでポリプって赤ちゃんみたいなのに、戻ってしまうみたいです。

人間で例えると、朝会社に出社、オフィスにてストレスを貯める日々を過ごしているとします、ある日突然爆発、その後赤ちゃんに戻っているという感じです。

まさに、不老不死ですね。

クラゲって可愛いですねー神秘的ですねークラゲ飼いたいなー

虫もすごいみたいですが、すこしグロテスクになるかもしれないので今回はこの辺で。

ということで早速本題に戻りたいと思いますが、

 

シドニーの交通事情という事で、シドニーっ子たちがよく使っている電車、バス、トラムについてご紹介していきましょう‼

まずは…電車から‼

日本でも関東方面ではSUICA、関西方面ではICOCA、九州方面ではSGOKAとICカードが普及していっていますが、ここオーストラリアでも大きく普及しております。

こちらでは、opalcard(オーパルカード)というものを使っています。

もちろん、駅に行って券売機で切手を買う事も可能なのですが、このカードはお得な特典がいっぱいなんです。

1.1日の支払い運賃の上限が月~土曜日は15ドル日曜日は2.5ドル。この金額に達したらそれ以降は乗り放題

2.ウィークリー利用特典として、1週間にカードを8回以上利用した場合、それ以降の運賃は無料

3.1時間以内であれば途中下車も可能。

4.万一、カード紛失・盗難の際も残額保護

5.これまでのウィークリー・チケットや回数券よりも割引率が高い。

お得な特典ばかりですねー日本にもJ-WESTカードのような特典のあるICカードもあるようですが、もっと日々使う地下鉄やその他路線に、このオーパルカードのような特典をつけて頂きたいですね。このカード、電車だけでなく、バス、フェリー、トラムとシドニーないの公共交通機関すべてでご利用頂けます。オーストラリア政府としても、このカードの使用を推進しているようですね。

あとシドニーの電車は二階建てです。とにかくデカいです。

 

 

続いては…バス‼

って言ってもそこまで説明する事もないのですが、こちらのバスは大きく二つに分かれます。

赤色の特急バスと

青色の普通バス

これらの違いは名前の通り、赤色は決まったバス停にしか止まらず、青色は乗車する人、下車する人がいればそれに合わせて、止まっていくといった感じです。

またバス停でのバスの止め方にも、シドニーならではの止め方があり、自分の乗る予定のバスが来たら、手を挙げて運転主に自分がそのバスに乗ることを知らせなくてはいけません。

僕も最初は待ってるだけでバスが素通りされた事が何度あるか…

日本のように待っていれば必ず止まってくれるといった事はないようです。自己主張が大事なんでしょうか??

あと日本のバスに比べると、人にもよりますが、運転荒いです。なかなかのスピード、急ブレーキしてきます。

 

 

続いては…トラム‼

トラムって聞いてピン来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、ちんちん電車の事です。

日本でもよく見かけますよねー僕は大阪、広島、熊本、長崎で見かけましたね。

なんかあの少し風情のある、内装、外装ともに好きでしたし、少し味のある感じが歴史を感じさせてくれましたね。あのゆったりと進む感じも好きです。

がしかし、シドニーのトラムはそんな感じまったくないです。

見た目は完全に最近のしっかりした電車って感じです。

こちらもしっかりオーパルカード使えますよ‼

シドニーの移動に関しては、欠かせないオーパルカード、弊社がご提供させて頂いております、ツアーでもこのオーパルカードを使用するツアーも御座います。

ぜひこの際にこのオーパルカードを使用して、オーストラリアの日常生活の一部を楽しんでみてください。

ではでは、みなさん今日もとても暑いですが、体に気を付けて頑張っていきましょー

シドニー支店のYUSUKEでした。

 

 

 


3 votes, 5.00 avg. rating (96% score)

シドニー発 ”意外と大きいオーストラリア”

皆様、新年明けましておめでとうございます!

そして、こんばんは。

「今宵も酒と涙と男と女と私のブログ。」

 

 

どうも!

久々の更新、現地infoのユウキです!

 

年が明けましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

2015年もあっという間にあけ、時の流れの早さを実感致します。

出来る事なら永遠の18歳でいたいです。ユウキです。

 

そんな私の初夢は、

富士も鷹もなすびも表れず、ただただ喋れるコアラと対談する夢でございました。

対談内容はあまり覚えていませんがとても綺麗な日本語を使っておりました。コアラなのに。 

 

 

さて!本日のテーマは「オーストラリアの地理」。 

名前は知ってても意外と知らない事が多いオーストラリアを一緒に紐解いていきましょう!

 

オーストラリアは日本から約6800kmの場所に位置する日本の約20倍の面積を持つ島国で、

 

クイーンズランド州、タスマニア州、西オーストラリア州、南オーストラリア州、ビクトリア州、ノーザンテリトリー、ニューサウスウェールズ州といった、七つの州からなるとっても大きな国なんですね。

ただこれだけ大きい国ではあるもののなんと国土の約40%が非居住地域となっているんです!

大きな理由としては、

 

〇土壌の栄養分が極めて乏しいこと

 

〇塩害が発生しやすいこと

 

〇降雨量が少ない

 

といった、3つの大きな理由。

 

こうした悪条件によって穀物生産や牧畜業、果樹生産など広範な分野においてオーストラリアの農業生産性は極めて低くなっているのです。

ただ!そういった環境だからこそご覧頂ける美しい風景がオーストラリアにはあるのです例えばオーストラリアで一番有名といっても過言ではないでしょう、

世界の中心とされているノーザンテリトリーのエアーズロック(ウルル)。

住むとなると間違いなく非常に大変な場所ではあるのですがここの風景は呼吸を忘れる程に美しく、広大で、見る者を圧倒します。

 

 

 

 

実はオーストラリアの先住民族であるアボリジニの歴史が多く眠っている場所でもあり、その歴史の始まりは1万年以上前といわれております。

 

 

それと、

オーストラリアといえば実はとっても美しい離島なんかもたくさんあるんです。

 

今回私が紹介致しますのはロットネスト島。

 

ロットネスト島とは西オーストラリアパースの海岸線から沖合18kmのインド洋に浮かぶA級自然保護指定の国立公園。

一時期SNSやテレビ等のメディアで取り上げられた

「世界で一番幸せな動物」の「クォッカ」が生息するとても珍しい島なのです。

ご覧下さいこちらの愛くるしい姿。

かの有名なポケットモンスターのピカチュウのモデルになったといわれている動物です。

更にとても人懐っこく、正確もフレンドリーだそうです。

でも触るのはダメだそうで。とても残念。。

 

 

こんなページが出来る程の人気。。。笑

 

 

昔から我が家の愛犬・マネーちゃん(母・命名)を愛し続けてきた私ですが、さすがにこの可愛さには心奪われそうでございます。笑

 

都会の喧騒を離れ、エメラルドグリーンの美しい海と、ダイヤモンドの様に光輝く白浜でのんびりし、

 

世界で一番幸せな動物に幸せを分けてもらうご旅行は如何でしょう?

 

 

私もロットネスト島に行きたい!!

 

それでは皆様、今年も宜しくお願い致します。

 

現地infoシドニー支店のユウキでした!!

 

ありがとうございました!


5 votes, 4.20 avg. rating (84% score)

シドニー発 ”ホテル”

 

みなさん、こんにちは!

今回からシドニー支店のブログを担当させていただくことになりました、マミコです!

今後シドニーについて、私なりにお伝えしていきたいと思います!どうぞよろしくお願いします。

さっそくですが、シドニーといえばみなさん何を想像されますか?。。。

 

 

。。。はい!やっぱり安定の ”オペラハウス” と ”ハーバーブリッジ” ではないでしょうか! とりあえずシドニーに来たらここは外せないですよね。

今回はなんと!その2つが眺められるホテルをご紹介したいと思います。

ホテルからこの景色が見えたら最高じゃないですか?せっかく泊まるなら景色の良いところがいい!!!特に女性の方だったらそう思いますよね?私もそう思います。

シドニーの夜景を見ながら、海外にいることに浸りたいですよね。。

 

それでは私が勝手に抜粋したホテルをご紹介します!

まずは「シャングリラホテル」

ここは歴史溢れる町、ザ・ロックスという地域に位置しています。ロックスとはオーストラリア発祥の地と言われており、石造りの建物や石畳の小道など古い町並みが美しい場所です。そんな素敵な場所にあるシャングリラホテルはすべての客室からウォータービューを臨めます。

それではご覧くださいー!!

 

どうですか~この景色!!贅沢ですよね。この夜景をみながらシャンパンなんか飲みたいですよね~。

さっそくお部屋も見てみましょう。モダンなデザインや家具が配置されており、大理石のバスルームが広がっております。

とってもラグジュアリーな感じですよねー!!

また、ホテル内の36階にある「ブルーバー・オン・36」ではシドニー湾が一望できるバーがあったり、受賞歴のある「アルティテュード」レストランも併設されており、オーストラリア料理をお楽しみいただけます。

 

 

〈Shangri-La Hotel〉 5-star hotel

Address: 176 Cumberland Street, The Rocks, Sydney

Phone: (61 2) 9250 6000

 

 

続いて~「インターコンチネンタルホテル」

こちらはサーキュラキーの近くで、オペラハウスやレストランにも近く便利なロケーションに位置しております。サーキュラキーはシドニー湾を横断するフェリー乗り場、バスターミナル、鉄道駅が設けられていることから、シドニーの交通の中心でもあります。

便利かつ閑静な王立植物園の前に位置する、インターコンチネンタルは19世紀の歴史的建造物を利用したホテルとなっています。客室は19世紀風のシックで落ち着いたインテリアでまとめられています。過去の宿泊者リストにはクリントン元大統領など豪華な方たちが宿泊したそうですよ~。

外観がとっても立派ですね!!

お部屋からの景色はこんな感じです!

朝目が覚めたら、こんな景色。素敵ですね~

またホテル内にあるラウンジのテラスからはシドニーの街も一望できます。

 

〈InterContinental Hotel〉5-star hotel

Address: 117 Macquarie Street : Sydney

Phone:(61 2) 9253 9000

 

 

 

まだまだご紹介したいホテルはたくさんありますが、きりがないので。。。          みなさんいかがでしたでしょうか?ぜひ一度はこのラグジュアリー感を味わってみてはどうですか??

こんな素敵なホテルやレストラン、また観光ツアーのご予約、ご相談は

パンダトラベルシドニー支店まで!

みなさんの旅行が素敵な旅になるようお手伝いさせていただきますので、ぜひご覧ください!

ではではこの辺で、また次回もお楽しみに☆

現地infoシドニー支店マミコでした!

 

 

 


3 votes, 5.00 avg. rating (96% score)